トップ > トレンドなニュース > トランプ大統領、ピンチに!側近の捜査中止をFBI長官に要請か
なぜノアコインなのか?
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


トランプ大統領、ピンチに!側近の捜査中止をFBI長官に要請か

2017年05月17日(水) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/05/17(水) 22:45:09.53

トランプ大統領、側近の捜査中止をFBI長官に要請か 米紙報道
2017年05月17日 09:54 発信地:ワシントンD.C./米国

【5月17日 AFP】(更新)米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は16日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー(James Comey)長官(当時)に、ロシアとの関係に絡む疑惑で辞任したマイケル・フリン(Michael Flynn)前大統領補佐官(国家安全保障担当)に対する捜査の中止を求めていたと報じた。
トランプ政権は即座に報道内容を否定したが、前日にはトランプ氏がロシアに機密情報を漏えいした疑惑も浮上しており、政権は窮地に立たされている。
 
同紙によると、コミー氏はホワイトハウス(White House)で今年2月14日にトランプ大統領と面会。その後、フリン氏について話し合った内容をメモに残していた。
コミー氏に近い人物が同紙に読み聞かせたメモによると、トランプ大統領はフリン氏とロシアの関係に関する捜査の打ち切りをコミー氏に強く求めた。
 
コミー氏は今月9日に電撃的に解任されている。
 
メモの内容の一部として同紙が伝えているところによると、トランプ大統領はコミー氏に「この件については何も言わないでほしい。フリンのことについては何も言わないでほしい」「あいつはいいやつだ。この件を終わりにしてもらいたい」などと語ったという。
 
同紙はコミー氏のメモについて、トランプ氏がFBIのロシア関連の捜査に「不適切な」圧力を掛けた経緯を記録した文書の一部だとしている。
— 引用ここまで 全文は引用元参照 —

▽引用元:AFPBBNews 2017年05月17日 09:54
http://www.afpbb.com/articles/-/3128454

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 この件を受けてドル円は一気に下落。現在111円台半ばだお。
 材料に乏しい中、トランプ大統領の財政政策期待で上げてた分が一気に落ち込んでいる感じだお。
yaruo_uunn
続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。