トップ > トレンドなニュース > 【朝日新聞主催】フェイクニュースが横行する背景などについて知識人が議論
ノアコインは初年度20% 複利で40年に渡って利子が付きます
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


【朝日新聞主催】フェイクニュースが横行する背景などについて知識人が議論

2017年05月04日(木) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/05/04(木) 06:01:57.06

「ポスト真実」時代のメディア考える 神戸で5・3集会
2017年5月4日00時05分

 朝日新聞阪神支局襲撃事件を機に始まった「言論の自由を考える5・3集会」(朝日新聞労働組合主催)が3日、神戸市であった。30回目の今回のテーマは「『不信』『萎縮』を乗り越えて」。事実よりうその情報に民意が誘導される「ポスト真実(トゥルース)」が時代を象徴する言葉として語られる中、メディアを取り巻く現状や課題についてパネリストらが議論。市民ら528人が参加した。

特集:阪神支局襲撃から30年
タイムライン:記者襲撃、あの夜から

 東京工業大准教授の西田亮介さんはフェイク(偽)ニュースが横行する背景として「インターネットの普及で情報量が激増し、真偽を見極めようとしてもどれが本物なのか判断しにくくなっている」と指摘した。

 作家の高橋源一郎さんは「著名な人でさえ、『反日』というような言葉を平気で使うようになってきた。以前なら許されなかったはずなのに、社会が『あの人ならしょうがない』と違和感をもたずに受け止めてしまっていることが怖い」と警鐘を鳴らした。

 高橋純子・朝日新聞政治部次長は「政治家が言っていることが本当なのか、新聞社は多くの労力をかけてチェックしている。そこがなかなか分かっていただけない」と記事を出す側のもどかしさを打ち明けた。

 コーディネーターを務めたジャーナリストの池上彰さんは「30年前、憲法記念日に新聞社に攻撃があったことを忘れてはならない。メディアがしっかりしなければ社会はダメになる。改めて原点を確認したい」と締めくくった。

http://www.asahi.com/articles/ASK5253Y0K52PIHB02G.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 ほんとそうだお!
 メディアはいちいち事実かどうかを証明しなくてはならない時代になってるお!
 記者は真実かどうか確実にチェックを行っているから、捏造なんてあるわけない!
 もっと国民は信じる心をもって欲しいお!!!
yaruo_boome


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。