トップ > トレンドなニュース > 教員の過重労働「1日に休憩1、2分程度、出勤は午前5、6時台、退勤は午後10時以降」
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
ノアコイン(NOAHCOIN)とは?


教員の過重労働「1日に休憩1、2分程度、出勤は午前5、6時台、退勤は午後10時以降」

2017年05月01日(月) トレンドなニュース

koutyouhttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493438618/

1: 影慶 ★ 2017/04/29(土) 13:03:38.36 ID:CAP_USER9
文部科学省が28日に公表した平成28年度の教員勤務実態調査結果は、かねて指摘されていた教員の過重労働を改めて示した。さらに、校務や部活動での立場などによっては、時間では計れない労働の「密度の濃さ」ものしかかるという。現場からは複数配置など負担軽減を求める声も聞こえる。

 「1日に学校内で休めるのは1、2分程度が5、6回」。こう話すのは愛知県の公立中に勤める40代の男性教諭。ある月の勤務記録では出勤は午前5、6時台、退勤は午後10時以降が目立つ。休みは3日だけだった。

 不登校の生徒の家庭訪問のほか、教育委員会の調査やスクールカウンセラーら専門スタッフとの調整といった校務が多い。運動部の顧問も務め、放課後も遅い時は午後6時半まで練習、土日も練習や大会がある。「子供にとって良いと思うからこそ、仕事は増えても減ることはない」と話すものの、「ただ、人を増やしてもらえれば、校務に費やす時間は減るはずだ」。

 今回の調査では、小中とも副校長・教頭の勤務時間が約63時間超で最も長く、10年前の前回調査に比べ小学校は4時間以上、中学校でも2時間以上の増加となった。

 校長を補佐して実務上、学校運営を取り仕切るが、長時間勤務は以前から問題視され、病気や多忙化などを理由に、教諭への降任を希望するケースも相次いでいる。副校長・教頭の仕事は、教育委員会などから依頼される調査報告書の作成やアンケートへの回答のほか、PTAとの折衝、体調不良や家庭の都合などで休む教諭のフォロー、各種の会計業務など多岐にわたる。「もともと業務範囲が曖昧で、仕事も際限なくある。まさに『何でも屋』だ」と埼玉県の中学教頭OBは自嘲気味に話す。

全文は↓
http://news.livedoor.com/article/detail/12999360/

7: 名無しさん@1周年 2017/04/29(土) 13:07:29.51 ID:b95r7k2G0
こんなんでいじめと言う名の犯罪に対処する時間なんか取れんわな

8: 名無しさん@1周年 2017/04/29(土) 13:07:38.58 ID:asg6KCe70
忙しいとは思うが、給料も高いし、やりがいはあるだろう。

9: 名無しさん@1周年 2017/04/29(土) 13:08:33.63 ID:XZhF++Tb0
こんな時こそ日教組は教員の力になってやるべき。

51: 名無しさん@1周年 2017/04/29(土) 13:16:47.41 ID:LBZgxF7Q0
>>9
あれは政治活動しか興味無いから


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。