トップ > トレンドなニュース > 現金紙幣の取引が禁止されたメルカリ、次の手は・・・→
「暗号通貨」時代の到来
なぜノアコインなのか?


現金紙幣の取引が禁止されたメルカリ、次の手は・・・→

2017年04月25日(火) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/04/25(火) 16:38:35.82

https://www.j-cast.com/2017/04/25296450.html?p=all

現行紙幣や硬貨の取引を禁止したフリーマーケットアプリ「メルカリ」に、
今度は現金をチャージした「交通系ICカード」の出品が相次いでいる。
規制の「抜け穴」を狙った出品だとみられ、すでに売買が成立している
ケースも出ている。

「メルカリ」の広報担当者は2017年4月25日のJ-CASTニュースの取材に対し、
チャージ済みICカードが出品されていることは「把握しております」と回答。
その上で、「すでに監視を開始しており、順次削除して参ります」と話した。

■現金の取引を禁止した実施した直後から

「メルカリ」で現行の紙幣が額面以上の値段で出品されていることがインターネット上で
話題になったのは17年4月22日ごろ。実際、1万円札1枚が「1万1900円」で落札された
例もあった。

現金の出品についてネット上では、クレジットカードのショッピング枠の現金化をめぐる
トラブルに?だったり、不正に得たお金を取引を通じて正当に得たお金と見せかける
「マネーロンダリング」(資金洗浄)に利用されたりするのではないか、などと問題視する
意見が相次いでいた。

こうした動きを受け、メルカリ側は22日付で現行の紙幣や硬貨の出品を禁止する
措置を取った。4月24日のJ-CASTニュースの取材に対しメルカリの広報担当者は、
禁止の理由について、

“「マネーロンダリングなどのトラブルになる可能性がある」

と説明した。

だが、メルカリ側が現金の取引を禁止した実施した直後から、その「抜け穴」を狙ったと
みられる出品が相次ぐようになった。それは、現金をチャージした交通系ICカードの出品だ。

実際、4月25日13時時点で、メルカリの検索機能で「Suica チャージ済」などと調べると、
少なくとも百件以上の出品がヒットする。

すでに売買が成立したケースもあり、ポイント1000円分のものが「1400円」で落札されたり、
5000円分のものが「6328円」で落札されたりしている。中には、1万円以上の現金をチャージ
したICカードを出品するユーザーも出ていた。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 いやはや、ほんとよく考えるお。
 確かにこの方法なら少し手数料はかかるけれど換金できるし、現金じゃないからセーフかお?
yaruo_uunn


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。