トップ > トレンドなニュース > ZOZOTOWNが始めた『ツケ払い』サービスが物議…年齢制限なし、CMが言わない破滅リスク
「暗号通貨」誕生の歴史
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


ZOZOTOWNが始めた『ツケ払い』サービスが物議…年齢制限なし、CMが言わない破滅リスク

2017年04月17日(月) トレンドなニュース

unnamedhttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491797314/

1: 名無しさん@1周年 2017/04/10(月) 13:08:34.04 ID:CAP_USER9
〈人のやらないことをやれ〉とは、古来伝わる商売の鉄則。が、それは往々にしてリスクを生み出す。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が打ち出した商法は画期的でありながら、肝心の消費者が恐ろしいリスクを背負いかねない。

同サイトを運営するのは「スタートトゥデイ」社。98年に起業した前澤友作社長は、千葉マリンスタジアムの命名権も獲得、総資産2000億円と言われ、タレントの紗栄子の交際相手としても知られる人物である。経済部記者が言う。

「ZOZOTOWNが11月から始めた『ツケ払い』サービスは、限度額を税込5万4000円とし、請求書による支払いを最大2カ月延期できる。おもにクレジットカードを持たない若年層にすそ野を広げました」

運営会社の17年第3四半期(16年4月~12月)業績は、売上高で前年同期比42%増の537億円というから、まさに快進撃だ。

そこで、実際にサイトからツケ払いで買い物を試みた。生年月日や住所氏名の入力は必須であるものの、「利用規約」に同意して「会員登録」をクリックすれば、限度額までツケで買い物が可能で、年齢制限はない。

スタートトゥデイに聞くと、「未成年者がご利用する場合は、保護者の同意が必要です。登録する前に利用規約を確認して頂いています」(秘書広報部)と言うのだが、利用規約は読ませるだけで、チェック欄もなし。つまりは子供が親に内緒で簡単に買い物ができてしまうシステムなのだ。

さらに、「状況次第ですが、カード破産を経験された方でもご利用頂けます」(同)。これでは、親御さんの不安はいや増すばかりだ。

全文は↓
http://news.livedoor.com/article/detail/12913744/

5: 名無しさん@1周年 2017/04/10(月) 13:10:09.17 ID:/rYM3Vpt0
自己責任

8: 名無しさん@1周年 2017/04/10(月) 13:11:23.44 ID:9X141/9+0
しかし、IT企業ってのは、
次から次へと金を毟り取るための知恵だけは回るんだな

13: 名無しさん@1周年 2017/04/10(月) 13:12:11.09 ID:rtIQJcTh0
回収リスクの方が高くねぇ?

16: 名無しさん@1周年 2017/04/10(月) 13:12:30.37 ID:7OWPWoGu0
利用規約に同意させて貸し売りしてるんなら何の問題もないやろ

これこそ自己責任の世界


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。