トップ > トレンドなニュース > 「結婚」は昨今の経済状況下では“損”か“得”か
なぜノアコインなのか?
ノアコインは初年度20% 複利で40年に渡って利子が付きます


「結婚」は昨今の経済状況下では“損”か“得”か

2017年04月14日(金) トレンドなニュース

553699_25ecdf821f_toppage_image_2
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491942152/

1: しじみ ★ 2017/04/12(水) 05:22:32.98 ID:CAP_USER9
● 過去5年で男女ともに 生涯未婚率が3%以上上昇

 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2015年で「生涯未婚率」の対象になる日本人は、男性が23.37%、女性が14.06%にのぼったという。同推計は国勢調査を分析して行われるとのことだが、5年前と比較すると、男性で3.37%、女性で3.45%増加しているとのことだ。

(中略)

国立社会保障・人口問題研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると、「いずれは結婚したい」と考える18歳~34歳の未婚者の割合は、男性85.7%、女性89.3%であるという。これらの調査対象は、生涯未婚率の計測対象になっている世代と世代が異なるが、「結婚したい」と思っていても、結婚に至っていない男女が少なからずいることは、事実のようだ。

 ケインズ以後の経済学では失業を自発的失業と非自発的失業に分ける考え方があるが、結婚を希望していながら独身にとどまる人を、「非自発的独身」と名付けることができようか。

 データの扱い方として乱暴だが、先の生涯未婚率の数字と、結婚したいという回答の比率を合計してから100%を引いて非自発的独身の多寡を推定すると、男性が+9.07、女性が+3.36%と、男性の方でより結婚希望の未達成者が多い(実際の非自発的独身率は離婚経験者が入るので、もっと大きな数字になるだろう)。単純に「需給」の問題として解釈すると、結婚したいと思う男性が適齢期男性人口の5%以上余っていると想像できる。

 一つの可能性としては、何度も結婚する、結婚市場において積極的でかつ競争力の強い男性が、複数の女性との結婚経験を持っている結果、こうした状況になっているのかもしれない。

全文は↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00124486-diamond-bus_all

4: 名無しさん@1周年 2017/04/12(水) 05:27:20.21 ID:+N9wAho/0
みんなが損得で考えるなら誰も結婚なんてしないと思うぞ

9: 名無しさん@1周年 2017/04/12(水) 05:33:08.32 ID:dRvyxOCI0
人による

10: 名無しさん@1周年 2017/04/12(水) 05:34:09.58 ID:Ib2cLUiJO
イケメンが恋愛結婚すると至れり尽くせりで得をする
ブサメンが金で釣って結婚できても根っこに愛情が無いからいずれ損をする

11: 名無しさん@1周年 2017/04/12(水) 05:35:40.98 ID:NsIRfGlq0
男には損だろ
日本の女は稼がないしもし離婚したら資産半分持ってかれて
さらに養育費でその後の生活は地獄


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。