トップ > トレンドなニュース > 【東芝決算】異例の監査意見なし 上場廃止の恐れ高まる
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


【東芝決算】異例の監査意見なし 上場廃止の恐れ高まる

2017年04月12日(水) トレンドなニュース

net
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491913691/

1: しじみ ★ 2017/04/11(火) 21:28:11.61 ID:CAP_USER9
東芝は11日、2度延期した2016年4~12月期連結決算について、監査法人から「決算内容は適正」との意見を得られないまま関東財務局に報告書を提出して発表した。監査法人の承認なしで決算を提出するのは異例の事態だが、東芝は前例のない3度目の発表延期を回避した。最終(当期)損益は5325億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)となり、昨年12月末時点で2256億円の債務超過に陥った。

東芝によると、16年4~12月期の売上高は前年同期比4%減の3兆8468億円、営業損益は5762億円の赤字(同2319億円の赤字)だった。17年3月期の通期業績予想は示さなかった。

(中略)

監査法人の承認がない決算は上場廃止基準に抵触する恐れがあり、東証が審査に入ることになった。東芝は過去の不正会計問題を受け、東証から内部管理体制に問題のある「特設注意市場銘柄」に指定されており上場が適当か審査が続いていた。監査法人の承認がない決算を報告したことで、審査は厳しくなり、上場廃止の可能性が高まる恐れがあるが、綱川社長は「そういう事態にならないよう最大限の努力をしたい」と釈明した。

東芝は5月に発表予定の17年3月期決算については監査法人から適正意見が得られるように引き続き調整するとしている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000104-mai-bus_all

3: 名無しさん@1周年 2017/04/11(火) 21:29:41.32 ID:VenNubbu0
>>1
これで未だに上場廃止になっていないのが異常だろ(´・ω・`)

5: 名無しさん@1周年 2017/04/11(火) 21:30:06.02 ID:jqkjvUux0
上場廃止の恐れどころか確実だろ
これが許されるなら日本終わってる

8: 名無しさん@1周年 2017/04/11(火) 21:31:04.41 ID:qxY7o4zp0
10円以下で置いとけよ面白いから

12: 名無しさん@1周年 2017/04/11(火) 21:32:29.54 ID:7HxkTrYs0
上場廃止出せ。


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。