トップ > トレンドなニュース > マイナンバーのシステム利用料がこちら→
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
「暗号通貨」時代の到来


マイナンバーのシステム利用料がこちら→

2017年04月06日(木) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/04/06(木) 18:54:01.21

中小企業の会社員らが加入する「協会けんぽ」や大企業の「健康保険組合」などが
加入者やその家族のマイナンバーを使って所得確認などをするシステム利用料が
合計で年約100億円にのぼることがわかった。ただ健康保険組合連合会(本部・東京)が「高額にすぎる」と反発。
厚生労働省は引き下げの検討を始めた。

システムは7月の稼働を目指し、厚労省主導で220億円をかけて開発を進めている。
健保組合などが加入者のマイナンバーを使って、住民票のデータや家族の収入、年金を受け取っているかどうかなどの情報が取り寄せられる。
加入者の扶養家族の確認や、傷病手当金と公的年金を二重で受け取っていないかなどもチェックできるという。

ところが今年1月、厚労省が各健保組合に対して、システム運営費をまかなうために
利用料として加入者とその家族について1人当たり月額10円弱の負担を求める通知を出した。
個別の利用件数にかかわらない一括の負担。計8千万人余りが対象となり、年間で約100億円の利用料となる。
病院や診療所が請求する診療報酬の審査などを手がける「診療報酬支払基金」(本部・東京)が料金を集める。

これに対して、健保組合連合会が今年2月、塩崎厚労相あてに「あまりに高額で
事業主や加入者の納得を得ることが難しい」などと指摘して、運営費を下げるよう求める要望書を提出。
強く反発した。ある健保組合の幹部は、「マイナンバーで得られる情報は、これまで通り加入者にじかに求める方が簡単だ。
システムはかえって手間がかかるので使わない」と、事情を話す。

こうした批判を受け、厚労省は利用料の引き下げを検討し始めた。
厚労省保険局は「利用料は大幅に引き下げる方向で検討している。
利用が始まれば便利さがわかってもらえる。将来はより多くの情報が利用でき、便利になる」と話している。
(松浦新)

http://www.asahi.com/articles/ASK3052S4K30ULFA01F.html?iref=comtop_latestnews_02

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
これコスト削減のために導入したんじゃなかったのかお?
どうしてこんな事になってるんだお?
kekkyoku
 偉い人らの間で色々あるんだろうな。
 文面にもある通り、加入者に直接聞いたほうが楽だしコストがかからないよなぁ。。。



続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。