トップ > トレンドなニュース > 東芝、また決算発表延期か
「暗号通貨」時代の到来
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


東芝、また決算発表延期か

2017年04月01日(土) トレンドなニュース

toshiba



1: 稼げる名無しさん 2017/04/01(土) 08:17:20.59

http://jp.reuters.com/article/toshiba-result-delay-idJPKBN1722BN

[東京 1日 ロイター] – 東芝(6502.T)が、2016年度第3四半期(4─12月)決算について、
提出期限の今月11日の発表が難しくなり、延期する公算が大きくなっている。複数の関係筋が1日、
明らかにした。延期なら3回目となる。今年度から同社の監査を担当しているPwCあらた監査法人が、15年度決算について疑義を指摘しているもようだ。

東芝は3月14日、米原発子会社ウエスチングハウス(WH、今月29日米連邦破産法11条の適用申請)
で一部経営者による不適切な行為が存在、追加の調査が必要だとして、関東財務局に今年度で2回目となる
延期を申請し、承認された。2月14日にも同様の理由で決算発表を延期していた。

今回、3回目の延期の可能性が出ているのは、監査法人側からの指摘で、15年度の決算見直しの必要性
が浮上しているとみられている。ある関係筋は、WH内での不適切行為の発覚とその調査を理由とした2回の決算延期は「言い訳に過ぎない」と指摘している。

東芝は15年度の決算について、WHを含む原子力事業で約2500億円の減損を実施したが、その理由は、
不正会計問題に伴う業績の大幅悪化で財務体質が悪化、資金調達が不利になったためと説明。原発事業の不振によるものではないとの見解を強調していた。

ところが、昨年12月27日、東芝はWHが米国で手掛ける4基の原子炉の建設で「数千億円規模の
損失が出る可能性がある」と突然、発表。その3カ月後の3月29日、WHは連邦破産法11条の適用を申請し、
東芝は2016年度に約1兆円の純損失を計上する可能性がある。
会計や原子力の複数の専門家は、このような巨額損失が今年度に突然、発生したものとではなく、
以前からコストの上振れや工期の延期などの損失要因が積み重なっていたと指摘していた。

別の関係筋によると、昨年末の段階では事業は順調としていたWHが突然、経営破たんに至ったことについて、
WHに関する会計処理が適切だったのかどうかも含め、PwCあらた監査法人側は、15年度に遡って調査する必要性を東芝側に伝えているもようだ。

決算発表の延期の可能性について、東芝のコメントは得られていない。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 すごーい!最初の延期ですらビックリだったのに3回目とか驚きだお。
 きっと上場廃止にならないフレンズなんだね!
yaruo_unnunn


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。