トップ > トレンドなニュース > 次に若者が離れたものはコレ→
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


次に若者が離れたものはコレ→

2017年03月15日(水) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/03/15(水) 16:12:53.75

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000000-sh_mon-bus_all

一般社団法人 生命保険協会が2016年10月に公表した「2016年版 生命保険の動向」によると、
個人保険の保有契約高(死亡保障などの主要保障の金額)は平成26年(2014年)度末が857兆円で、
平成27年(2015年)度末は858兆円となり、19年ぶりに前年度を上回った。
個人保険の保有契約高のピークは平成8年(1996年)度末の1,495兆円で、それ以降、減少傾向が続いていた。

 前年度を上回ったのは、運用によって将来受け取る保険金が変わる「終身型変額保険」など、
一時払いの商品で新たな契約が増加しているほか、現在の契約を活用して新たな保険を契約する
「転換契約」の減少や、解約・失効高が減少していることが影響したと指摘している。

 一方、株式会社カカクコムは、運営するサイト「価格.com」の登録ユーザー1,748名を対象に、
生命保険に関する調査を実施し、その結果を2月27日に発表した。調査期間は1月12日から18日。

 生命保険に「加入している」と回答したのは79.7%で、2009年に実施した前回調査の89.9%から、
加入率が10.2%低下した。年代別では、20代で-18.9ポイント、30代で-15.8ポイント、40代で-16.7ポイントと大幅な減少が見られた。
若年層を中心として、全体的に生命保険の加入率が低下傾向にある。

 加入している生命保険を複数選択で聞いたところ、「生命保険(終身)」が73.2%で最も多かった。
以下、「生命保険(定期)」(33.9%)、「個人年金保険」(30.1%)、「学資保険」(11.9%)、「養老保険」(10.9%)が続いた。

 個人保険の保有契約高は19年ぶりに前年を上回ったものの、長い間減少傾向が続いている。
特に若い世代を中心に生命保険の加入率が低下しているようだ。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 いやー、だって僕も生命保険は会社の団体生命保険しか入ってないお?
 結婚すらできそうにないし、死んでもお金で困る人は特にいないし・・・。
yaruo_fuun
医療保険はともかく生命保険はなぁ。
若者の給与はほとんど上がっていないし、死亡率も低い。
加入率が下がるのは当然かなと思うなー。



続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。