トップ > トレンドなニュース > やっぱり1位はあの作品。「映画野郎」が選ぶ2016年ベストテン!
数百年に一度のチャンスを見逃すな!
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


やっぱり1位はあの作品。「映画野郎」が選ぶ2016年ベストテン!

2017年01月23日(月) トレンドなニュース

shutterstock_538638985

毎年恒例、『映画野郎【無料メルマガ版】』が選ぶ「年間映画ベスト10」の2016年度版が決定しました。ランキング上位が洋画ばかりだった昨年に比べ、日本映画の健闘が光る2016年バージョン、1位の栄冠に輝いたのは果たしてどの作品なのでしょうか。

激選! 2016年度「映画野郎」ベストテン特集!!

男性向け映画情報WEB&メールマガジン「映画野郎」がオススメする、2016年公開映画のベストテンが決定しました! 果たしてどんな作品が上位に入っているのか!?

【2016年度 映画野郎ベストテン発表!!】

1位:シン・ゴジラ  80点
2位:この世界の片隅に  66点
3位:ヘイトフル・エイト【R18+】  44.5点
4位:ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  40.5点
5位:帰ってきたヒトラー  40点
6位:デッドプール【R15+】  31点
6位:シング・ストリート 未来へのうた【PG12】  31点
8位:リップヴァンウィンクルの花嫁  30点
9位:ロブスター【R15+】  27点
10位:セトウツミ  24.5点

総評

1位に輝いたのは、日本が誇る大怪獣映画「ゴジラ」シリーズの復活作にして、昨年興行収入81億円の大ヒットとなった『シン・ゴジラ』。膨大なセリフと情報量で圧倒する怪獣映画らしからぬ演出が話題を呼びました。そして惜しくも2位となったのは、ネットなど各方面で話題を振りまいた傑作アニメ『この世界の片隅に』ということで、今年は日本映画でワンツーフィニッシュという結果に。

俺たちの大好きなクエンティン・タランティーノ監督が、「らしさ」全開で描く密室劇『ヘイトフル・エイト』が堂々の3位に付け、そして現在大ヒット公開中の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、締め切り間際の12月16日に公開されたばかりにも関わらず、4位に飛び込む大健闘。

5位に入ったドイツ産SF風刺劇『帰ってきたヒトラー』、6位の異色アメコミヒーロー作『デッドプール』、そして9位のSFコメディ『ロブスター』は、それぞれ強烈かつブラックな笑いで選者にインパクトを残しました。1985年のベルリンを舞台にした青春音楽映画『シング・ストリート 未来へのうた』は、80年代ロック好き世代にビシっと突き刺さってしっかりと6位にランクイン。

8位には岩井俊二監督のオリジナルとなるジェットコースタードラマ『リップヴァンウィンクルの花嫁』が入り、小品ながらユーモラスな会話劇が楽しい『セトウツミ』が10位に滑り込み!

ここ2年は日本映画がなかなかランキング入りしなかった中、今回は4本もベストテン入りを果たし、日本映画の逆襲を感じさせるランキングになりました。

惜しくもベストテンに漏れた作品一覧、アンケート選者の個別ランキングとアツい選評の数々は、映画野郎メールマガジンでチェックしてみてください!!

※2016年1月~12月末までに日本で劇場公開された作品から選出! 映画野郎スタッフと映画野郎を応援する友情出演者による選者30名のランキングを1位=10点…10位=1点として換算集計しました!(友情出演でベスト5の方は1位=5点…5位=1点に。順位がない場合、ベスト10は一律5.5点、ベスト5が一律3点に。


この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。