トップ > トレンドなニュース > 話題の『この世界の片隅に』は戦争映画ファンでも楽しめるのか?
なぜノアコインなのか?
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


話題の『この世界の片隅に』は戦争映画ファンでも楽しめるのか?

2017年01月16日(月) トレンドなニュース

shutterstock_251930719

先日掲載するや大反響となった「話題の映画『この世界の片隅に』を実写で撮れぬ日本映画界の惨状」。実はこちらの記事、メルマガ『映画野郎【無料メルマガ版】』の編集後記として書かれたものでした。今回、同メルマガのメインコンテンツのひとつ「ガチンコ!!シネマレビュー」で、改めて「この世界の〜」を再度取り上げ、映画ライターのじょ〜い小川さんがレビューしています。

ガチンコ!!シネマレビュー 『この世界の片隅に』

アニメや漫画が好きな方にはこうの史代原作で、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督の新作となるんだろうが、どちらも門外漢のボクにとっては能年玲奈改めのんとして初めて世にでる作品を観る、という感覚で観た『この世界の片隅に』。なるほど、戦前・戦中・終戦直後の広島県の軍港・呉を舞台にし、主人公すずとその半径5mの逼迫しつつもホンワカな日常で展開した作品なんだが、戦争映画として必要悪である重さと悲壮感がないのでこの時代を描いたにしては物足りない

戦時下の爆撃や空襲のシーンもあるにはあるが、そちらは最小限にし、大半は主人公すずとその半径5mの逼迫しつつもホンワカな日常である。要は木下惠介の『花咲く港』や今村昌平の『黒い雨』、黒木和雄の「戦争レクイエム三部作」+『紙屋悦子の青春』、斎藤寅次郎演出の『東京五人男』などの戦争関連の映画から重さを抜きアニメの自由な表現と柔らかなタッチでポップに描いている。

このポップさは画風やすずのキャラクターだけでなく、声を担当したのんの功績も大きい。のんの声質とすずのノホホンとした性格がぴったり合いそれが心地よくもある。また、すずの実家の家業が海苔の養殖をやっていて、冷たい海に浸る仕事とあり、微かに連続テレビ小説あまちゃん」ともかぶり、強引ながら震災のシーンとこの映画における肝心のシーンを重ねあわせられなくもない。


この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。