トップ > トレンドなニュース > 【映画野郎】観る価値ある?お正月話題の3作を斬る激辛トーク!
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
数百年に一度のチャンスを見逃すな!


【映画野郎】観る価値ある?お正月話題の3作を斬る激辛トーク!

2017年01月10日(火) トレンドなニュース

shutterstock_487207639

この年末年始は映画ファン垂涎の大作が次々公開されました。その中から『映画野郎【無料メルマガ版】』恒例の激アツトークの俎上に載せられたのは、スター・ウォーズのスピンオフ『ローグワン』、バイオハザード最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』、そして映画野郎読者の皆さんなら見逃せないスリラー映画『ドント・ブリーズ』の3本の話題作。映画を誰よりも愛する編集部のお三方が語り尽くします!

『ローグ・ワン』『バイオ』そして『ドンブリ』! 2016-2017年末年始の注目三大映画特集トーク!!

じょ~い小川(以下、小川):さて、久々となりました通常版シネトーク、今回は2016年12月に公開となった『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と『バイオハザード:ザ・ファイナル』。映画野郎読者の皆さんとしては、いま最注目といえる正月2大SFアクション大作について、存分に語っていきたいと思いますが……。

原口一也(以下、原口):ちょっと待った! これに公開規模が小さいけど、やはり野郎読者なら見逃せないスリラー映画『ドント・ブリーズ』も加えてよ。どうせ2人も見ているでしょ?

小川:もちろん! 単純に公開規模と話題性で先の2本にしましたが、改めて『ドント・ブリーズ』を加えた3本を柱にした2016年末の映画を語りましょう、と。

KANTO:『ドント・ブリーズ』は、『ローグ・ワン』と同じ週に公開ですが、映画野郎ど真ん中なジャンル映画なので、むしろメインで扱うべき作品ですよね。初日の1回目に観ましたよ。半年前から楽しみで。

原口:それくらいの作品だとは思うけど、公開しているスクリーン数が先の2本とぜんぜん違うんだよね……やってないシネコンがいっぱいある。で、この3本、単品ずつレビューするのもいいけど、共通点などもあったりして、比較したりするとまた見えてくるものもあると思うんで。

KANTO:なるほど。話し込むうちに、誰も気がつかなかない部分まで掘り下げることが出来るかも。

原口:まず、3本見たうちのどれがよかったかの順番が聞きたい。おれからいくけど、1番はもう断然、ドンブリ』。

小川:丼? ドンブリね(笑)。

KANTO:そりゃ呼びやすい。

原口:『ドント・ブリーズ』の略で『ドンブリ』。「ドント・ブリーズ」ってちょっと言いづらいんで。ソニー・ピクチャーズのプロモーションでも「通称:ドンブリ!」って言っちゃってるし。

小川:配給公認ですか(笑)。

原口:そうそう。で、次がバイオ』。最後がローグ・ワン』かなー。『バイオ』は意外と言っては何だけど、面白かった。

小川:うーん、実は同列……と言いたいけど、微妙に『ドンブリ』>『ローグ・ワン』>『バイオ』かな。点数で言えば同じ4つ星ですね。

KANTO:ダントツは、やはりローグ・ワンで次がドンブリ』。『バイオ』は、今年観た全ての映画のずっと後ろに置かせてもらいます。理由は後ほど。

原口:それぞれなんでその順位になっているかは、単体で語る中で明らかにしていきましょう。


この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。