トップ > トレンドなニュース > 話題の映画『この世界の片隅に』を実写で撮れぬ日本映画界の惨状
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
「暗号通貨」誕生の歴史


話題の映画『この世界の片隅に』を実写で撮れぬ日本映画界の惨状

2016年11月30日(水) トレンドなニュース

15168684_1273961616001198_2656574153720184149_o

『君の名は。』『聲の形』に続く大ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』。大手映画配給会社を通さず、クラウドファンディングで資金を調達するという独自の手法で製作され、限られたスクリーン数で公開されたにもかかわらず、観客の口コミなどで人気爆発、となったのですが…。今回の『映画野郎【無料メルマガ版】』には、この作品が絶賛される現象から図らずも見えてしまった「日本映画界の低迷」について記しています。

この世界の片隅に

今、巷で騒がせているアニメ映画『この世界の片隅に』をようやく見て来た。試写もタイミングが合わず、公開して直ぐにも行けなかったのでレビューは出来なかった。試写状やフライヤーのイメージからだいたいのこの映画の感覚が掴めていただけに正直わざわざ観る映画とは思えなかったが、水道橋博士町山智浩ライムスター宇多丸、「オタキング岡田斗司夫が軒並み絶賛していることもあり、背中を押される形で観た。

要は広島県広島市南部と呉を舞台にした戦前・戦中・終戦直後の日本のある家族の悲喜こもごもで、そこにゆるゆるふわふわなタッチにのほほん・ぼんやりな感じの主人公すずの周りの温かさで見せている。なるほど、これは小津安二郎や黒澤明、木下惠介、今村昌平、黒木和雄、中村登も同系統の実写作品を作っていたが、このポップな感覚は革命的である。悪い映画ではない。

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。