トップ > トレンドなニュース > 小池都知事、豊洲問題で身動きがとれなくなる
「暗号通貨」誕生の歴史
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


小池都知事、豊洲問題で身動きがとれなくなる

2017年11月16日(木) トレンドなニュース

s_ice_screenshot_20160717-215327
1: 稼げる名無しさん 2017/11/15(水) 20:51:27.53

 どうにもならないのは小池百合子さんが都知事就任後真っ先に手を付けた豊洲新市場の移転問題に絡んで、
追加工事すらも満足に発注が進まないという事態で、非常に深刻な状態にあります。
落札する業者の側としては、どのような工事をしっかり行っても後からトップの小池さん自ら業者の問題点を騒ぎ立てる可能性があるわけでして、
ここで単独受注すると当然落札率は100%近い価格になってまた叩かれる、ということであれば、
納期も短い上に言いがかりをつけられかねない受注に応じたくないのは当然です。

 つまりは都知事就任後に都民、国民の関心を惹き付け小池都政の期待感を煽ろうという結果が、
順調に進み問題を起こさなくても良い事案に火をつけて都政が崩壊しかねない状況であることは、
小池さんと側近の間で進められた判断のブラックボックス度に問題があったと判断せざるを得ません。
しかも、その小池さんのブレーンについては各々の専門から外れた素人集団であったことが分かってきている以上、
旋風を巻き起こした「小池流」では都政に邁進されても都民にとっては困るという状況ではないかと思います。

 この一年の小池都政はかなり取り返しのつかないレベルでの大失政をやらかしたと判断せざるを得ず、
都議会主流派を維持しながら何とか体制を整えたいと小池さんが考える気持ちは分かります。
ただ、森山高至さんのガセネタを信じて豊洲移転問題で大きな穴を空け、
その後に都庁内で起用した上山信一さん、安東泰志さんといったブレーン、
さらには代表を務めた野田数さん、希望の党にスライドした小島敏郎さん、
「排除いたします」発言を進言して希望の党壊滅に寄与した上杉隆さんなど、
小池さんの周辺には成果を出すための専門性を持った人物がおらず
まともな行政判断を小池さんが下せない仕組みが出来上がってしまっているように思います。



小池百合子さん、都民ファーストの政治資金集めパーティー開催当日に「希望の党代表辞任」報道
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20171114-00078146/

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
いや、これほんと心配になってくるんだけれど、どうなってるのかお?
最近あんまり話を聞かないような。
yaruo_asehanashi
 一応話は進んでいて、来年10月中旬を軸に移転とか言ってたかな。
 7月頃には工事が終わるらしいと聞いてるけれど、どうなんだろうなー。



続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。