トップ > トレンドなニュース > 【超悲報】2018年、現役世代は年間40万の負担増!? 政府税調の増税議論が実行されれば
「暗号通貨」時代の到来
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


【超悲報】2018年、現役世代は年間40万の負担増!? 政府税調の増税議論が実行されれば

2017年11月09日(木) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/11/07(火) 16:19:57.64

日本は未曽有の重税国家へ 全世代で生活ギリギリに


日本は2018年に未曽有の重税国家となる。給与所得控除の廃止・縮小や公的年金等控除の引き下げといった政府税調の増税議論が実行に移されると現役世代は「年間40万円」の負担増となるサラリーマン増税を強いられ、
年金生活の高齢者は「年間15万円」の年金増税に直撃される。

 さらに住民税、観光税、森林環境税、宿泊税など続々と検討されている増税で身動き取れなくなったところに、社会保障の負担増が重なる。

 それというのも、来年は、診療報酬の改定を含めた医療と介護制度の抜本改革が行なわれ、医療費や介護施設を利用した際の窓口負担が増えるのは確実だからだ。

「介護はずっと先の話」と考えている若い世代にも深刻な影響が及ぶ。現在、介護保険料は40歳以上の国民が負担し、全国平均は月額5642円に達している。
それでも介護保険財政が大幅に悪化して財源が足りないことから、厚労省は対象を広げて「20歳以上」の国民全員から保険料を徴収することを検討している。


続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00000008-pseven-soci

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

40万!?!?!?
そんなの無理に決まってるじゃないかお!
いくら給与があがっても手取りがマイナスになっていくお!
054
 全部が実行された場合だけれどな・・・。流石に一気にはやってこないと思うんだけれども。。。
 これやったら消費税10%どころじゃなくなるしな。




続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。