トップ > トレンドなニュース > 従業員1人825万円分増えた 「内部留保」を賃上げに
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


従業員1人825万円分増えた 「内部留保」を賃上げに

2017年10月16日(月) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/10/16(月) 14:31:57.02

総選挙投票日(22日)まで1週間となった15日、与野党代表がフジテレビ番組「新報道2001」で、安倍自公政権の経済政策「アベノミクス」や消費税10%大増税などで討論しました。この中で安倍政権の4年間で400兆円超に膨れた大企業の内部留保が議論に。日本共産党の小池晃書記局長は「4年間で、従業員1人当たりにすると825万円も増えた。その1割、2割でも回せば、月2万円の賃上げができ、日本の景気は回復する」と提起しました。 (詳報)

 与党側は「アベノミクスで成長の果実は確認されている」(自民党の岸田文雄政調会長)として2019年10月からの消費税10%増税を主張。小池氏は、消費税8%増税で家計消費が月2万円減となったことを示し、増税中止を主張。富裕層や大企業への優遇税制を改めることで、消費増税分の5兆円の財源はつくれると強調し、「消費税は最悪の不公平税制。将来の社会保障についても消費税増税でやるべきではない。私たちは、率直に国民のみなさんに、所得税の累進強化をお願いすると言っている」と財源案を示しました。

 内部留保の問題では岸田氏も「しっかり活用していくことを考える。大変重要な視点だ」と言わざるを得ませんでした。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-16/2017101601_02_1.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 1割、2割って言うけれど、内部留保の現金割合が確か30%そこそこ(大企業の場合)だったんじゃなかったかお?
 給与は増えて欲しいけれど、現金分をほぼ分配すべきって感じなのはちょっと微妙な感じもするお。。。
yaruo_uunn


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。