トップ > トレンドなニュース > 土建屋「年収800オーバーなのに人が来ない、年65日も休めるのに!」
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ
「暗号通貨」誕生の歴史


土建屋「年収800オーバーなのに人が来ない、年65日も休めるのに!」

2017年10月15日(日) トレンドなニュース

土建手伝い
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1507721970/

1: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) [GB] 2017/10/11(水) 20:39:30.91 ID:UqdTZg060 BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典
大手がこぞって無人化・機械化を急ぐ背景にあるのが、そうです、深刻化する人手不足です。 建設業で働く人はおよそ20年前の平成9年の685万人をピークに減少が続き、平成28年は495万人に減っています。27%の減少です。さらに建設業界では、作業員の高齢化がほかの業種よりもはるかに早く進んでいます。

「建設業で働く若者が減ってきている。どこかで打破しないと大変なことになる」

長らく「きつい」「汚い」「危険」の”3K職場”の代表と言われてきた建設業は変わらなければと、多くの業界幹部が危機感を強めています。

・いつまで続く週休1日
機械化に加えて、建設業界が、ようやく重い腰をあげようとしているのが、働き方改革。
建設業界は、ほかの業種と比べて相当に遅れた業界でした。

それを象徴するのが休日の日数。国土交通省の調査では、建設現場の33%は「4週4休」。実に3分の1の現場が今も週休1日なのです。次いで多いのが「4週5休」という現場で24%。「4週8休」つまり、週休2日の現場は、わずか7%です。

工事を発注する側も、請け負う建設会社側も、工期をできるだけ短くしようと土曜日はふつうに働く、というのが今も業界の慣習です。
http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_1010.html

2: 名無しさん@涙目です。(京都府) [JP] 2017/10/11(水) 20:40:14.17 ID:zTHOAgfi0
そんな底辺仕事誰がいくかよ

4: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2017/10/11(水) 20:41:19.53 ID:aYdAHxjL0
800がまじならいくし絶対嘘
どうせ賃金けちる

5: 名無しさん@涙目です。(新潟県) [PL] 2017/10/11(水) 20:41:21.80 ID:i5sRO1+Q0
土日でも工事してるものな

6: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2017/10/11(水) 20:41:31.29 ID:hs+TPCfX0
400万くらい盛ってる


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。