トップ > トレンドなニュース > 希望の党 民進党出身者に配慮し、政策協定から「集団的自衛権、安保法容認」を削除 「憲法にのっとり適切に運用する」へ変更
「暗号通貨」誕生の歴史
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


希望の党 民進党出身者に配慮し、政策協定から「集団的自衛権、安保法容認」を削除 「憲法にのっとり適切に運用する」へ変更

2017年10月07日(土) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/10/07(土) 00:05:44.52

東京都の小池知事が代表を務める希望の党は3日に衆議院選挙の第1次公認候補として
192人の擁立を発表したのに続き、4日に第2次の公認候補を発表しました。
それによりますと、いずれも小選挙区に民進党の幹事長を務めていた大島敦氏ら9人を擁立しました。

希望の党は、公認調整をめぐって立候補予定者に「政策協定書」への署名を求めていますが、
安全保障関連法について、当初、「基本的に容認する」としていたのを、最終的に「憲法にのっとり、
適切に運用する」と修正するなど、民進党出身者に配慮しながら作業を進めています。

全文はソースで、10月4日 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171004/k10011167871000.html
他ソースも

・民進合流組に「踏み絵」 (日経)

民進党が違憲として反対してきた安保関連法への対応を巡っては
「憲法にのっとり適切に運用する。不断の見直しを行い、現実的な安保政策を支持する」と明記した。
希望が当初用意した案には「安全保障法制を基本的に容認」と記していたが「露骨すぎる」との反発に配慮し、修正した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2184090003102017PP8000/

・希望の党“踏み絵”協定書は「反民進」政策がずらり 公認候補に署名求める (産経)

1日時点の原案では「限定的な集団的自衛権の行使を含め安全保障法制を基本的に容認する」との記述があったが、
最終案は「集団的自衛権」「容認」などの言葉を削除した。
民進党幹部は「多くの民進党出身者が合流できるよう文言を弱めてもらった」と打ち明けた。
http://www.sankei.com/politics/news/171002/plt1710020126-n1.html

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 ええええええ・・・?
 あの・・・、あまり言いたくないんだけれど、最近方針がコロコロ変わってないかお・・・。
034

続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。