トップ > トレンドなニュース > 遂に脳接続型のコンピュータ実現へ!?イーロン・マスクのニューラリンクが29億円調達
ノアコインは初年度20% 複利で40年に渡って利子が付きます
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


遂に脳接続型のコンピュータ実現へ!?イーロン・マスクのニューラリンクが29億円調達

2017年08月28日(月) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/08/28(月) 18:49:22.33

米テスラのイーロン・マスクCEOが2016年に設立した脳科学関連スタートアップのニューラリンク(サンフランシスコ)が、2695万ドル(約29億円)の資金を調達したことが分かった。同社の事業内容はSFのようで非現実的に見える一方、脳科学への関心が高まる中、非常に野心的な試みとして注目の的ともなっている。今回の資金調達で、とりあえず人間の脳とコンピューターとのインターフェース技術の開発に向けて一歩踏み出した格好だ。

 ニューラリンクが米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかになった。それによると、ニューラリンクの1億ドルに相当する株式売却の申し出に対して投資家12人が応じ、計2695万ドルを調達した。マスク氏は26日にツイッターで「ニューラリンクは資金調達をしていない」とツイートし、当面は追加の資金調達の必要がないことを表明している。

 マスク氏のこれまでの説明によれば、ニューラリンクは埋め込み型のデバイスを介して、脳とコンピューターとで大量の情報をやり取りできる技術の確立を目指している。その成果を病気や怪我で脳を損傷した患者の支援に役立てるほか、人工知能(AI)の脅威に対抗するための人間の知能レベルの飛躍的向上、さらに人間同士の脳を接続し、意思を伝え合うテレパシーのような機能の実現も狙っているとされる。

 ただ、ニューラリンクの企業内容や技術の詳細については、これまでほとんど明らかにされておらず、ウェブサイトも非常に簡素な作り。同サイトでは会社の大まかな目標のほか、チップデザイナーやハードウエアシステムエンジニアなど9つの職種についての募集案内が記載されている。
http://newswitch.jp/p/10189

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 マジで!?
 ついに攻殻機動隊の世界が来ちゃうのかお?
 でも29億円ってそんなものでできちゃうのかお?
yaruo_uunn


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。