トップ > トレンドなニュース > 残業規制(月上限60時間)で所得8.5兆円減 規制削減分の穴埋めに新規240万人必要
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
ノアコイン(NOAHCOIN)とは?


残業規制(月上限60時間)で所得8.5兆円減 規制削減分の穴埋めに新規240万人必要

2017年08月22日(火) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/08/22(火) 07:28:13.63

残業時間の上限が月平均で60時間に規制されると、残業代は最大で年8兆5000億円減少する-。大和総研は、政府が掲げる働き方改革で国民の所得が大きく減る可能性があるとの試算をまとめた。
個人消費の逆風となりかねないだけに、賃金上昇につながる労働生産性の向上が不可欠となりそうだ。

政府は働き方改革の一環として、罰則付きの残業上限規制の導入を目指している。実現すれば繁忙期を含め年720時間、月平均60時間が上限となる。

試算によると、1人当たりの残業時間を月60時間に抑えると、労働者全体では月3億8454万時間の残業が減る。年間の残業代に換算すると8兆5000億円に相当する。
残業時間の削減分を新規雇用で穴埋めするには、240万人のフルタイム労働者を確保する必要があるが、人手不足の中では至難の業だ。

配信(2017/08/21-15:59)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082100720&g=eco

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
うーーーん。
これどうなると思うかお?
給料上がったり人が増えていい感じになるかお?
kekkyoku
 どーかなー。
 俺の知り合いのところでは、仕事が早くてさっさと帰っていた人にさらに仕事が集中するようになったと聞いたが。。。
 あとは外注を増やしたり、サビ残で何とかってところもちらほらとだな。




続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。