トップ > トレンドなニュース > 【他人や社会のせいにする】だから稼げない 年収300万の人に特有の口グセと行動とは
「暗号通貨」時代の到来
ノアコイン(NOAHCOIN)とは?


【他人や社会のせいにする】だから稼げない 年収300万の人に特有の口グセと行動とは

2017年08月22日(火) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/08/19(土) 20:00:57.27

「格差社会」ということがしきりに言われるように、私たちの所得には人によって大きなばらつきがある。

具体的にいえば、年収数百万円の人と数億円の人が一緒くたに暮らしているのが私たちの社会。
こんな社会で、たとえば「年収300万円と年収3000万円、どちらの人生がいいか」と聞かれたら、多くの人は後者だろう。

もちろん、ただ「もっと稼ぎたい」と願っているだけでは状況は変わらない。収入を変えたかったら、考え方も行動も変える必要がある。

『「30代で年収3000万」の人は、いつも何を話しているのか?お金も地位も引き寄せる「肉食系」のコミュニケーション術』
(午堂登紀雄著、学研パブリッシング刊)によると、行動や考えがもっともよく表れるのは「言葉」だという。
では、年収300万と年収3000万の人の言葉はどうちがうのだろうか?

だから稼げない 年収300万止まりの人に特有の口グセと行動とは
http://news.livedoor.com/article/detail/13493164/
■ゴマもすれない人間は稼げない

会社にいながら年収を上げるには出世するしかない。

となると上司から高い評価を受けることは必須。言い方は悪いが、
ゴマをすってでも「コイツは見どころがある」と思わせることができないようでは出世の芽はない。
このことにいち早く気づくのが「年収3000万円の人」だ。

これに対して「300万円止まりの人」はゴマすりに対してプライドが邪魔をしてしまう。
「そこまでして稼ぎたくないよ」と考える人は、やはり稼げないのだ。

この考えの違いは、挨拶からして歴然だ。
朝出勤したら「おはようございます!」と元気な声で挨拶するのは誰もがやっていることだが、「年収3000万円の人」はこれだけに終わらない。
上司に対し「先週(あるいは昨日など)ご指導いただいた件、昨夜よく考えてみて、改めてその大切さがわかりました。今日また実践してみます!」と、
自分が上司の指導を尊重していること、上司の指導が役立っていることを伝えるのだ。

上司に気に入られるために、多少わざとらしく見えても気にせずゴマをするという態度は、周りから嫌われるかもしれない。
しかし、この姿勢は稼ぐための意思の強さだとも言えるのではないか。

■グチるな、むしろホメろ

「いま勤めている会社に不満がある」という人は多いもの。
それだけに、同僚同士が会社の不満や愚痴を言っている場面に遭遇することも珍しくない。

しかし、前述のように、会社で出世するためには(そして収入を上げるためには)会社や上司から評価されないと道が開けないのは間違いない。

大勢で会社の愚痴を言っている人は、当然会社から評価されない。
「年収3000万円」を目指すなら、こういう愚痴っぽい同僚と群れるのは時間の無駄だ。
どうせなら、多少無理をしてでも会社のいい点を挙げ、自分が会社を好きなことを表現する方が得というもの。
これが「年収3000万円」を実現する人の言葉であり、行動なのだ。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
んー、確かに人や社会に文句を言うより、プラスになる事を言っている人のほうが上にはいけるかと。
yaruo_dottekotonai
 そうなー。
 まぁ上に行く人って大体誰とも仲がいい人が多い感じがするよな。





続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。