トップ > トレンドなニュース > 「トランプおろし」はあるか、アメリカ大統領失職の手続き
ノアコインどっとコム
なぜノアコインなのか?


「トランプおろし」はあるか、アメリカ大統領失職の手続き

2017年08月21日(月) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/08/20(日) 22:47:26.05 ID:CAP_USER

トランプ米大統領は、ロシアが昨年の米大統領選に干渉した疑惑、いわゆる「ロシアゲート」を巡る対応で強い批判にさらされている。
モラー特別検察官の捜査をトランプ氏が妨害しようとしている、というのだ。

与党・共和党が上下両院とも優勢な議会では「トランプおろし」を本格的に求める声は、まだほとんど聞こえてこない。
ただ一部の民主党議員は、歴史上滅多に目にされてこなかった弾劾手続きに言及している。

また合衆国憲法修正第25条は、それとは別の形で大統領の権限を奪う方法を提示しているものの、これも実際に使われた例はない。

では具体的に、大統領は辞任する以外でどうやって職を追われるのだろうか。

<弾劾>

合衆国憲法の下では、大統領と副大統領、その他公職者は、弾劾されて反逆および収賄、その他の重罪や非行で有罪と判定されれば、罷免される。

手続きが始まるのは下院。どの議員でも、通常の法案と同様に弾劾決議を提案できる。または下院が審問を正当化する決議を可決すれば、手続きを進められる。

慣例では下院司法委員会が弾劾手続きを担当し、委員会の過半数が賛成すれば決議が承認される。
その段階で下院多数派の院内総務(今なら共和党のケビン・マッカーシー氏)が、決議を本会議で採決するかどうかを判断する。
本会議でも委員会と同じく、過半数の賛成で決議が成立する。

下院で決議が成立した場合、上院議員が裁判の陪審員役となり、定数100人の3分の2(67人)が有罪と判定すれば、
大統領が実際に免職となる。大統領が弾劾・罷免されると、現任の副大統領が次の大統領選で当選者が決まるまで職務を遂行する。

過去に弾劾された大統領は、1868年のアンドルー・ジャクソンと1998年のビル・クリントン氏の2人だけ。
いずれも上院で無罪とされた。1974年のリチャード・ニクソンは弾劾がほぼ確実という状況で自ら辞任した。

続きはリンク先
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8258_1.php

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 うーん・・・、もしトランプ大統領が弾劾ってことになったら相場は大荒れだお。
 でもその可能性って今どれくらいあるんだお?
yaruo_uunn


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。