トップ > トレンドなニュース > “日銀が大株主”って どういうこと?
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


“日銀が大株主”って どういうこと?

2017年08月02日(水) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/08/02(水) 05:58:25.81

ビジネス
特集 “日銀が大株主”って どういうこと?
7月31日 19時45分
「わが社の実質的な大株主は日銀!」
ある試算では、日銀がファーストリテイリングなど上場企業14社で実質的に10%以上の株式を保有するとしています。
今、日本では中央銀行が企業の“隠れた安定株主”となる異例の事態が進んでいます。それをもたらしたのが日銀によるETF(上場投資信託)の大量買い入れです。少し難しい話ですが、私たちの将来に関わる大事な話です。
(経済部 大江麻衣子)

日銀“ETF買い”で株価支える

ETF(Exchange Traded Fund)は、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など、主な株価指数に連動するよう主要企業の株式を組み込んでつくられた投資信託です。このためETFの買いが膨らめば、株価を押し上げる効果が見込めます。

日銀はこのETFを大規模な金融緩和策の一環で積極的に買い入れています。
当初は年間4500億円増えるペースで購入していましたが、その後、1兆円、3兆円と増額し、1年前の去年7月末、年間6兆円に倍増しました。

これによって東京株式市場では、“買い手”としての日銀の存在感が増しています。
とりわけ午前中、株価が下がって終わると、その後、日銀がETFの購入に動いて株価を押し上げる展開が何度も見られ、市場関係者からは「官製相場」という言葉もよく聞かれます。

日銀出身でJPモルガン証券の鵜飼博史チーフエコノミストは「日経平均株価の値動きは、為替との相関関係が強いが、日銀がETFを年6兆円のペースで買い入れて以降は、
これまでの為替との相関関係の水準を超えて株価が上昇している。実際に買い入れることによる効果に加えて、『日銀がETFを買う』というシグナルが市場に働いている」と分析しています。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0731.html?utm_int=detail_contents_tokushu_003

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 うーん・・・。
 記事にもあるけれど、日銀比率があまりに大きくなっていくと、経営に負の影響が出る可能性はあると思うお。
 日銀は配当金で儲かるから問題ないって意見もあるけれど、僕は日銀が儲かってもしょうがないんじゃないかなと思うお。
yaruo_uunn


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。