トップ > トレンドなニュース > 中国、ウイグル族にスパイウエアのインストールを強制
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


中国、ウイグル族にスパイウエアのインストールを強制

2017年07月26日(水) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/07/26(水) 17:26:00.85

<中国・新疆ウイグル自治区に漢族を大量に送り込み、イスラム系少数民族ウイグル族を迫害してきた中国政府が今度は、
住民に官製スパイウエアのインストールを強制。拒否したり削除したりすれば連行されるという>

 中国の新疆ウイグル自治区に暮らすイスラム系少数民族のウイグル族が、
スマートフォンにスパイウェア・アプリをインストールすることを強制されている。
その狙いは、中国政府の監視当局が「テロリストや不法な宗教活動に関連する」コンテンツを発見できるようにすること。

 「ラジオ・フリー・アジア」の報道によれば、ウイグルの首府ウルムチの中国政府当局は2017年4月、
「百姓安全」と呼ばれるアプリを開発したという。このアプリは、政府が市民の携帯デバイスをスキャンし、
「テロリストのプロパガンダ」を発見できるようにするためのものだ。

 ウイグルに住むウイグル族は7月中旬、チャットアプリ「微信(ウィーチャット)」を通じて、
地元警察からの通達を受け取った。通達の内容は、「監視アプリ」をインストールし、
抜き打ち検査に備えるよう求めるものだった。

 警察は、路上での職務質問で、アプリがインストールされているかどうかをチェックし始めている。
微信経由で送られたメッセージは、中国語とウイグル語で書かれていた。

 セキュリティ情報サイト「ブリーピング・コンピューター」の報道によれば、
問題のアプリは、ユーザーのファイルのログを作成し、
既知のテロリストの動画やコンテンツを集めたデータベースと照らし合わせるもの。
また、ユーザーの「微博(ウェイボー)」や微信のデータベースのコピーを作成し、
WiFiログイン情報とともに政府のサーバーにアップロードする機能もある。


 ブルカの着用も禁止


続きはソース
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-8062.php

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 ちょ・・・、完全に監視社会じゃないかお・・・。
 これ大丈夫なのかお?
yaruo_okashikune



続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。