トップ > トレンドなニュース > 【悲報】日本の自動車メーカー、ガチでEV時代に乗り遅れて終了へwwwwwwww
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


【悲報】日本の自動車メーカー、ガチでEV時代に乗り遅れて終了へwwwwwwww

2017年07月23日(日) トレンドなニュース

007_o
http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1500710059/

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 16:54:19.72 ID:HT2Gi5eud
日本には自動車メーカーが10社以上あるが、そのほとんどがEVのノウハウに乏しく、世界が本格的なEV戦争に突入すれば、半分近くは対応できずに経営を悪化させることになると予想されている。

自動車産業は日本の“米びつ”だ。本来なら、その競争力を維持させるべく、政府がEV振興のための政策を打ち、メーカーを支援しなくてはならないはず。

だが、安倍政権にその危機感は薄い。つい最近公表された17年度の「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針)でも、メニュー化されているのは水素ステーションの設置要件緩和など、燃料電池車の普及を後押しするものばかりで、EV振興に結びつくものはほとんどない。今でもなお、新車の約8割を「エコカー」に認定して燃費の悪い車を減税している。

(中略)

トヨタのトップが流した涙は、その一本足までもがポキリと音を立てて折れかねない、日本の危機的な現状を示している。幸い、日本の自動車メーカーは余力を残している。特にトヨタの資金力や潜在的技術力はいずれも一流だ。社運をかけて反転攻勢に出れば、今ならギリギリ巻き返しは可能なはず。そして、安倍政権は速やかにEVシフトの国策を打ち出すべきだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170722-00088527-playboyz-pol

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 16:54:59.05 ID:hBW5Ewef0
もう日本のものづくり産業は終わりや

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 16:55:03.51 ID:HT2Gi5eud
どうしてこうなったんや……

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 16:55:29.04 ID:HT2Gi5eud
かなしいなあ……

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 16:56:44.21 ID:wBH6WhqR0
トヨタが政府の補助金目当てで書いた記事かな


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。