トップ > トレンドなニュース > 中国「超キャッシュレス社会」の衝撃、日本はもはや追う側だ
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』
「暗号通貨」時代の到来


中国「超キャッシュレス社会」の衝撃、日本はもはや追う側だ

2017年07月14日(金) トレンドなニュース

no title
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1499668542/

1: ノチラ ★ 2017/07/10(月) 15:35:42.19 ID:CAP_USER
『週刊ダイヤモンド』7月10号の第1特集は「中国に勝つ」です。日本のITレベルが20世紀で止まっている間に、中国は進化しまくっていた!キャッシュレス社会が到来し、日本よりもよほど便利な日常生活が送れるようになっていたのだ。中国の産業界での革新も凄まじい。製造業からサービス業へ、模倣モデルからイノベーションモデルへと舵を切り、産業競争力も更に高まっている。日本を超えた中国に勝つにはどうすべきなのか。中国とのつながり方を模索し、日本独自の「勝ちパターン」を提示する時に来ている。

(中略)

しかも、電子決済の普及は、中国沿岸の都市部だけの話ではない。中国全土で広範囲に浸透している。自転車シェアリング、タクシー、外食、コンビニエンスストア、映画、自販機──。周囲を見渡せば、街中にQRコードが溢れている。

スマホ決済は財布を持つ煩わしさがなく、ストレスがない。日本では、手数料の高さからクレジットカードが使えない飲食店が少なくない。コンビニでの買い物は小銭で、切符はJR東日本の「スイカ」、飲食店ではクレジットカード決済と現金決済を併用──となると、結局、普段から電子マネーも小銭もお札も持ち歩かなければならない。つくづく、日本のIT後進国ぶりを痛感した。
http://diamond.jp/articles/-/134622

2: 名刺は切らしておりまして 2017/07/10(月) 15:36:53.60 ID:qZGSwgii
今ごろ気付いたの?
認知機能に問題があるな

3: 名刺は切らしておりまして 2017/07/10(月) 15:37:17.55 ID:P98kGHNy
別に追わなくていい
遅い分信用度は高い
デジタルのお金は一瞬にしてなくなったり奪われる可能性が高い

6: 名刺は切らしておりまして 2017/07/10(月) 15:40:06.82 ID:5XCpEaH4
>>3
これを負け惜しみと言います

7: 名刺は切らしておりまして 2017/07/10(月) 15:40:55.12 ID:C8CETaJN
今日某所のイオンに行ったら、WAON ID エディで決済できると書いてある自販機で
エディ以外使えなかった。ジジババ相手にこんな事やってたら普及せんわ


続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。