トップ > トレンドなニュース > アナリスト「日経平均の実感は3万円」 2万円超えたからと喜んで売っていてはチャンスを逃す
「暗号通貨」時代の到来
GNA2期始動!!1日20分、たった1記事コピペで「毎月月収3万円」あなたも稼ぎたくないですか??


アナリスト「日経平均の実感は3万円」 2万円超えたからと喜んで売っていてはチャンスを逃す

2017年06月05日(月) トレンドなニュース

1: 稼げる名無しさん 2017/06/05(月) 12:00:35.44

平野 憲一 :ケイ・アセット代表、マーケットアナリスト

■今回は「日経平均2万円で終了」ではない

6月2日に、日経平均株価が2万円を1年半ぶりに回復した(2万0177円)。筆者は、このコラムでも「日経平均2万円は単なる通過点だ」と申し上げてきたのだが、「この2万円は2万円を達成するための2万円ではない。少なくとも2万3000円へ行くための2万円だ。もしかしたら、2万5000円のための2万円かもしれない」と筆者は考える。

もちろん6月は海外ファンドの「年度折り返し地点」であり、後半の方針次第で相場の様相は一気に変わる。昨年の6月は見事な底値となったが、1昨年の6月は高値圏で、その後の下げに苦しんだ記憶がまだ新しい。しかし今年(今回)はどうだろう。昨年末から失敗している2万円挑戦は実に6回に及んだ。今回も上昇に対して自信が持てず、その様相も高かったため、信用売り残高は8年ぶりに1兆円台に乗せた。また、連日高水準の空売りが続いたことで、市場にはなお膨大な買い戻しエネルギーがたまっている。

さらに日経平均のEPS(1株利益)は約1400円となっており、これに新年1月5日に出現したPER(株価収益率)16.6倍を適用すると、無理なく計算できる高値が2万3000円台になる。円高水準にあるのだから、到底無理ではないかという見方もあるが、筆者にしてみれば、「行き過ぎ(オーバーシュート)で2万5000円」も決して荒唐無稽な目標値ではない。

また、チャートの見方で迷ったら、日足より週足、週足よりは月足を、さらに月足より年足を信じよと言われるが、2016年の日経平均の年足は2017年の大相場を暗示する「手繰り線」(いったん大きく下落するが、そのあとグンと値を戻す形のローソク足)となっている。

筆者は、このところ一貫して売って来た個人投資家数人にその理由を聞いて見た。すると、以下のような理由が上がった。①先高観がない。2万円を超えたかもしれないが、どこまで上がる余地があるというのだ(ないではないか)、②実質的なデフレが続いており、キャッシュにしておいてもリスクがない。③自分はもう年を取ったので身辺整理で売りを出している(筆者はこれを「断捨離売り」と名付けた)、④手持ち株が売れるようになったから、などの答えが返って来た。

実は、このなかで、④の手持ち株が売れる値段になったので売ったという答えが1番多かったのである。新興市場の人気株ならいざ知らず、個人投資家好みの普通の塩漬株が日経平均2万円に届くか届かないかの水準でなぜ売れるのか不思議だが、実は日経500種平均株価の位置を考えると納得がいく。

■日経500種平均のほうが、実態を反映している

日経500種平均は、時価総額加重平均で計算されるTOPIXやマザーズ指数と違い、ダウ平均法で計算される「日経平均の兄弟指数」だ。算出開始が1982年1月4日なので、日経平均の「弟分」になる。日経平均の6月2日現在の価格は、1989年の史上最高値3万8915円に対して約52%の位置になったが、日経500種は史上最高値(1989年12月)2406円47銭に対して、今は80%程の位置にあるのだ。

日経平均の3万8915円の80%程度の位置は、3万円を超す。225銘柄では2万円だが、それを含む500銘柄で構成される広義の日経平均とも言うべき日経500種では、3万円の実感なのだ。つまり古くからの投資家にとっては、平成バブル崩壊以降、長期で塩漬けにしていた株が、日経平均が「3万円」に乗せてきたので「やれやれ売り」を出しているという感覚ではないか。

1980年代後半の株価を抜けてきた山崎製パン、明治ホールディングス、アサヒグループホールディングス、ライオンなどのチャートを見れば、より回復を実感できるのではないか。もちろん、売っている個人投資家には、「日経平均3万円」などと言う認識はないわけだが。

日経平均と日経500種の差は主にハイテク株の差にあると筆者は考えるが、「第4次産業革命」と言われる、「IoT(モノのインターネット化)、AI(人工知能)革命」の進展を考えると、今後は225銘柄と500種の差がむしろ詰まることは容易に想像できる。

繰り返すが、日経平均の年足チャートを見ると、昨年の足は今年の大相場を暗示する「手繰り線」となっている。2万円を超えたと喜んで売っていてはチャンスを逃すかもしれない。「強気すぎる」との批判があることは承知のうえで、十分引きつけて長打を狙いたいものだ。

http://toyokeizai.net/articles/-/174779

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
 はいはい、武者せんs・・・あれ?
yaruo_uunn




続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。