2014年09月07日(日) トレンド




八王子スーパー強盗殺人事件に急展開 スーパーナンペイ事件とも言われますが15年前に祭りがある日にアルバイトの女子高生二人と女性スタッフ一人が事務所に侵入した人物に射殺 された不可解な事件 強奪目的でもなかったみたいで何故、3人を殺したのか?何故、銃を持っていたのか? 謎だらけのまま残忍なこの事件は悔しくも迷宮入りとなってしまっていましたが 今回、カナダ在住の中国人の男が何らかの情報を知っていると
八王子市スーパーナンペイ事件。実行犯を知っていると思われるカナダ在住の中国人男性をカナダより送還。 取り方ではこの中国人男性が実行犯の可能性がありますよね? 急展開を迎えそうな雰囲気ですが、この中国人男性が実行犯の場合、恐らく死刑になると思いますが、そうなった時、中国政府が身柄を引き渡せとか言ってきそうですが・・・。 この中国人男性が実行犯の場合、日本の法で裁く事は勿論可能ですよね?
未解決のナンペイ事件の犯人を知ってる可能性がある男が来日したそうですが、知ってると思いますか?無駄になりそうですか?
時効について 今日はスーパーナンペイの事件が発生から15年の節目の日だそうです。 以前はこれで時効でしたが現在時効は撤廃されたため捜査は継続、専従の捜査官も30人体制が維持されるそうです。 ここで疑問なんですが時効がなくなったということは事件解決まで永遠に捜査がおこなわれるということなんでしょうか? 50年後、100年後でも捜査が継続されるということなのでしょうか? 新聞などで時効の撤廃
八王子市スーパーナンペイ事件とは?




未解決事件FILE(首都圏編)
剣の道殺人事件 (講談社文庫)
広域指定127号事件 (講談社文庫)
広域指定127号事件―警視庁捜査一課南平班 (講談社ノベルス)



この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

コメントは受け付けていません。