2015年05月03日(日) トレンド

「砂のクロニクル」で知られる作家、船戸与一氏が死去

今話題の船戸与一について、考えてみます。
船戸与一以上のハードボイルド作家を探しています。アドバイスお願いします。
船戸与一。大好きな作家です。全作品を読んだわけではありませんが、船戸さんのどの作品がお好きですが? 私は定番ですが、山猫の夏かな。今、緋色の時代を読んでるんですけど、めちゃくちゃ面白いです。
「船戸与一」の小説はつまらないんですか? 福田和也の「作家の値打ち」(現役作家の作品を100点満点で採点した本)には「船戸与一の作品はすべてあまりにつまらないので採点不能」と書いてありました。
船戸与一が影響を受けた米ハードボイルド作家って誰でしたっけ? レイモンド・チャンドラーで無い事は確実。 特徴としては処女作「非合法員」で重要な場面なのに心理描写が一切なく 行動だけを描写していた事です。 ダシール・ハメットでよかったでしょうか。
横山秀夫、奥田英朗、佐々木譲、伊坂幸太郎、船戸与一さんの作品が好きです。 好きな作家が、このうち2人以上かぶっている人に質問です。 その作家のベスト作品は、なんですか?



船戸与一さんの小説を読んでいたら、 「熱帯樹林が生い茂っていた。 そのうっそうとした木立のために」 という表現がありました。 講談社の類語大辞典で「木立」をひくと、「数本から…
日本文学、または日本の詩などのなかで、アゼルバイジャンについてかかれている、またはふれているものがあったら教えてください。
暇な時にお願いします。 今年は心震える作品に出会いたいので、お勧め作品を推薦してください。 物語の背景は壮大なんだけど 登場人物がごく個人的な事情を抱えていたりとか アホ臭…
戦闘シーンの描写がうまい小説を教えて下さい。 メカなどでも大歓迎です!
詳しい理由つきでお願いします。



風の払暁―満州国演義〈1〉
砂のクロニクル 上
残夢の骸 満州国演義9 (満州国演義 9)
虹の谷の五月〈上〉 (集英社文庫)



この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

コメントは受け付けていません。