2014年12月08日(月) トレンド

ノーベル賞 中村修二教授 LEDライトの新商品発表(14/10/09)
今日は、ノーベル賞 中村について、考えてみました。ノーベル賞中村さんが「開発の原動力は“怒り”」と言ってましたが、日亜さんの寛容さや緩さがあったから開発を続けられたわけであり、“怒り”は事実なのでしょうが、 開発を長年やらせてくれた日亜さんに感謝の気持ちも持つべきじゃないですか? 大手企業だったら先が見えない開発は打ち切られて、他の課題を与えられていたんじゃないでしょうか。闇研で続けるか会社を辞めて独自でやるかでしょうが、開発費は足りなくて開発でノーベル賞の中村教授と日亜工業の確執を書いたおすすめ本がありましたら教えて頂けませんでしょうか。ノーベル賞の中村博士が 会社と喧嘩して金寄こせと騒いだ話、 いろいろと考えさせられるところがありますね。 賛否両論あるところでしょう。 で、 その理屈で行けば、 例えば研究者ではなくて営業部の社員でも、 一生懸命に努力して顧客をつかんだのは 自分の営業力の賜物なのだから その収益の3割寄こせなんて訴訟も出て来そう。 あと、逆に、 何億円も研究費用を出したのに 成果を上げられなかったのは研究者の怠ノーベル賞の中村さんが むかつきませんか? 日亜の社長にアメリカ留学までさせてもらいながら 研究成果に報酬求める訴訟起こすなんて 日本のサラリーマンの恥ですよね! ただの理系のサラリーマンのくせに 何様のつもりだよ! ノーベル賞の賞金の半分を徳島大学に寄付なんてしないで 日亜からもぎ取った金 かえしな! ノーベル賞とっても 人間的には 最低 最悪ですよ。 で質問ですが 彼の現在の金まみれ生活を 恥ノーベル賞を受賞した中村教授は日本の研究環境に幻滅して、 渡米を決意したというのは本当なんでしょうか? 会社の先輩から聞いた話なんですが、なんでも徳島県の日亜なんとかという 会社で働いていたけど、会社と揉めて裁判にまでなって日本の研究環境に 幻滅して渡米して、米国籍も取得したそうです。 その日亜なんとかという徳島の会社は中村教授と揉めたことを、 今ごろは後悔してますかね?

青色ダイオード発明者でありこの度ノーベル賞を受賞した中村氏が、元の勤務先であった日亜化学工業の社長へ「仲直り」を申し入れました。 これに対して日亜化学は社のコメントとして…青色ダイオード発明者でありこの度ノーベル賞を受賞した中村氏が、元の勤務先であった日亜化学工業の社長へ「仲直り」を申し入れました。 これに対して日亜化学は社のコメントとして…ノーベル賞受賞者の中村さんは言ってます。 日亜化学工業に10年間勤務し三つの大きな開発を達成しながら、社内で冷遇されたと。 中村さんを冷遇した日亜化学工業とはどんな会社ですか…赤崎勇先生と中村修二先生、同時にノーベル賞を受賞してますが、 私にはノーベル賞は工学的な賞ではないということからも、赤崎勇先生、天野先生だけが貰えると思っていました。 研究…核廃絶への取り組みを明言化したことが評価されたようですが、実際に核兵器の削減が実行されていない段階での受賞っておかしくありませんか? 明日にでも大統領が暗殺され、核廃絶が暗…

お母さん、ノーベル賞をもらう―科学を愛した14人の素敵な生き方
「青色」に挑んだ男たち 中村修二と異端の研究者列伝
現代科学の大発明・大発見50 なぜその発明・発見はノーベル賞につながったのか? (サイエンス・アイ新書)
青色LEDに挑戦した男たち(2)―週刊東洋経済eビジネス新書No.82


この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

コメントは受け付けていません。